コーチングはもう要らない

どうしたらいいか分からない

ちょうど一年前。

コーチングセッションを初めて受けられたM様。

その頃のM様は、やりたいことをしていても

なんだかモヤモヤ、子育てと仕事を両立させながらも

今後の仕事の展開や、お子様との関わりについて

どうしたらいいか分からない・・・。

 

 

そのような状況でした。

M様の穏やかな佇まいは、少し自信がなさそうで

小さく見えました。

 

行動こそが人生を変える

その後、M様はたくさんの行動を起こしていきました。

様々な視点があることを知り、人と会い、学ばれていきました。

 

そんな中でも、迷いながら自分の答えを出していけるようになっていました。

 

継続して勉強会にも参加して下さり、M様を応援しながら見守ってきました。

 

もう不要になっていた

そして先日、2ヶ月ぶり程にお会いしたM様。

近況を伺い、質問に答える姿は、1年前にはない姿でした。

どんな質問をしても、ご自身の意見を堂々と述べられていました。

 

そこには「私はこう思う。」が在りました。

 

「イラストカードセッションを受けたい!」とおっしゃっていましたが

私のセッションはコーチングセッションです。

テーマをご本人に決めていただくもの。

 

少し考えてから、今は悩みや迷いがないことに気付かれました。

コーチングセッションが今は必要ないと。

 

以前、コーチング普及協会の代表である田中直子さんの記事に

「コーチングが世の中からなくなることが目標」とありました。

その言葉を思い出しました。

 

普及っていいながら、なくなるといい??

どういうことだ?と当時の私は思っていました。

今、実感でき納得しています。

 

1年経って、自分自身で決めること、納得できること、

自分を認めることができたM様の成長ぶりに

私は感動しましたよ。

 

その成長される姿を、時に近くで、また時に遠目に見守りながら

私も成長させていただきました。

 

イラストカードセッションや講座でも

迷いのある方のお手伝いをさせていただいていますが、

 

それが不要になる(卒業できる)状態が

本当にお客様に望むことかもしれない。

と私の気付きです。

コーチングから卒業!は嬉しいことなのです。

 

最新情報をお届けします